お役立ち

【お役立ち】25粒で280円、豆腐餃子の材料はたった3つ[安い&簡単]

100円均一で売っている「豆腐ハンバーグの素」が豆腐のつなぎとして万能なので、餃子にしてみました!

25粒で280円、豆腐餃子の材料はたった3つだけ! 安くて、簡単、比較的美味しいので、ぜひお試しください。

材料と値段(総額280円)

餃子25粒分の材料と値段についてかいていきます。総額ざっと280円です。

▼材料(餃子25粒分)
  • 絹豆腐 300g 55円(3つのうち2つ使用)
  • 豆腐ハンバーグの素 110円
  • 餃子の皮25枚 107円

※餃子を焼く際に、サラダ油、水、片栗粉を使用します。

気になる「豆腐ハンバーグの素」に入っているものです。卵・カツオ・サバの成分が入っているので、敬虔なヴィーガンの場合には、ちと厳しいかもしれません↓↓

レシピ(調理時間20分)

材料が少ないので、作り方は簡単です。

▼作り方
  1. 豆腐をキッチンペーパーに包み、レンジでチン【チン2分】
  2. 豆腐と豆腐ハンバーガーの素を混ぜる【2分】
  3. 餃子の皮で包む【10分】
  4. 餃子を焼く【5分】
①豆腐をキッチンペーパーに包み、レンジでチン【チン2分】

豆腐は水を多量に含むので、水切りをする必要があります。

豆腐と豆腐ハンバーガーの素を混ぜる【2分】

手を汚したくないので、スプーンでザクザク混ぜます。

③餃子の皮で包む【10分】

豆腐の餡が柔らかめなので、気持ち少なめに包みます。

④餃子を焼く【5分】

パーフェクトな「餃子の焼き方」(外部サイト)を参考に、焼きました。

味は、うん!美味しい。肉の味はしないけど

味は美味しいです。既製品である「豆腐ハンバーガーの素」が入っているからか、完成した味がします。味もすでに付いているので、人によっては醤油はつけなくてもいいかも(わたしは醤油・ラー油・酢で食べました)

肉が入っていないから、物足りなさを少々覚えますが、ニンニクも入っていないので口が臭くならないという点は大きなメリットです。

おまけ:余った餃子は中華スープに

余った餃子は中華スープに入れました。味付けは、鶏ガラスープの素、塩コショウ、チューブの生姜、ごま油。具は、餃子、しいたけ、小松菜。

鶏ガラスープの素のおかげか、肉の入っていない餃子から肉の味がしました。個人的には、普通に焼くより、中華スープに入っていた方が美味しいかな。