エッセイ

【エッセイ】沖縄 宮古島でウミガメ4匹と泳ぐ、クマノミ・サンゴ礁も│記念撮影あり

どうも、プラ子です。沖縄 宮古島でウミガメ4匹と泳いできました。

このエッセイは、「海が好き」「沖縄 宮古島に興味がある」「シュノーケリング初心者だけどウミガメに会いたい」という人に、ぜひ読んでほしいです!

執筆者:プラ子。IT企業勤務。2019年8月14日〜8月16日、2泊3日で沖縄 宮古島を満喫。お盆期間に、海で過ごした。

この記事の目次

  • 沖縄 宮古島ってどんなところ?
  • 沖縄 宮古島行きを決めた理由
  • シュノーケリングではウミガメ大量、クマノミ・サンゴ礁も
  • 沖縄 宮古島 宿泊はキッチン付きマンション
  • 沖縄 宮古島 2泊3日のスケジュール

沖縄 宮古島ってどんなところ?

沖縄 宮古島(みやこじま)は、沖縄本島(那覇)から約300キロ、台湾から約370キロに位置します。

ビーチリゾートが複数あり、白い砂浜と透明度の高いエメラルドグリーンが特徴です。サンゴ礁が隆起してできた島なので、近海には400種類ものサンゴが分布しています。

食べ物は、宮古マンゴー、宮古そば、宮古牛などが有名。 羽田空港〜沖縄 宮古島間は、飛行機で約2時間50分です。

沖縄 宮古島は海がきれい

JTB「日本の絶景>沖縄」(上2枚)より

沖縄 宮古島は離島ですが、コンビニ、イオン、ドンキホーテ、マックなどがそろっており、現地ですべて調達ができます(水着、日焼け止め、浮き輪、全部・・)。

離島のイメージがくつがえるくらい、街が発展しており、便利でした。

※余談 私は、幼少期の家族旅行が毎回沖縄で、高校時代の修学旅行も沖縄だったため、本島、久米島、石垣島、竹富島など、いままで計7回、沖縄のいろいろな島へ行っています(以下20年前の写真)。

沖縄 宮古島のマップ

宮古島は全島1周約100キロ。車なら約4時間で1周できます。観光の場合、レンタカー移動がメインのようですが、タクシーも多いためタクシー移動でも問題ありません(1周するなら半日貸切)。

※私は運転免許を持っていないため、滞在中、タクシーを使用しました。

沖縄 宮古島行きを決めた理由

2019年8月14日〜8月16日沖縄 宮古島へ行ってきました。宮古島行き・・それには、以下のようなワケがありました。

▼彼氏との会話

もうすぐ誕生日だね。どこか行きたいところある?予約しておくよ

ーーープラ子は2つの選択肢から考える。

台湾か沖縄のビーチだな〜(台湾は自分が行きたいだけ、沖縄は行きやすいという観点)
あ、宮古島の航空券が取れそう。宮古島は行ったことないし、宮古島にするか!

彼氏については下記をご覧ください。

シュノーケリングはウミガメ大量、クマノミ・サンゴも

沖縄 宮古島でメインで行ったのは、シュノーケリングです。

宮古島では、マリンスポーツが盛んなので、シュノーケリングの予約ひとつとっても、選択肢は複数あると思います。 わたしは自分が利用した、宮古島 シュノーケル専門店 海umiというダイビングショップが良かったので、ご紹介します

良かった点

  • 1. ウミガメ4匹と会えた(ウミガメ遭遇率100%)
  • 2. クマノミ「ニモ」やサンゴ礁もきれい!
  • 3. シュノーケリング体験直後に写真データをもらえた
  • 4. ガイドのお姉さんが初心者に対して手厚かった
  • 5. 持ち物が水着だけで、楽だった
  • 6. 前日予約でもスムーズだった

1. ウミガメ4匹と会えた(ウミガメ遭遇率100%)

昨年2018年に奄美大島に行き(記事)、2時間程度シュノーケリングをしウミガメ3匹と一緒に泳いだのですが、今回の宮古島では1時間強でウミガメ4匹に遭遇しました。

海に入って少しだけ泳いだら、すぐ真下で、餌(浅瀬の海底に生えている海藻)を食べていました。「こんなにあっさりウミガメに会えるんだ!?」と驚きました。 

宮古島の海にはそこらじゅうにウミガメいるので、ウミガメが人間慣れしているらしく、人間の姿を見ても逃げていかないのが特徴なようです・・・笑。

▼ウミガメと泳いだ図

※余談 彼氏の乳首が透けている・・・ 普段のウミガメ遭遇率も100以上%だそうです。だってびっくりするくらい、そこかしこにいるから・・・。

→ウミガメ遭遇率100%「宮古島 シュノーケル専門店 海umi」を見てみる

2. クマノミ「ニモ」やサンゴ礁もきれい!

ウミガメだけなく、クマノミ「ニモ」やサンゴ礁も見ることができて良かったです(宮古島といえば、サンゴ礁なので!)

→クマノミ・サンゴも見放題「宮古島 シュノーケル専門店 海umi」を見てみる

3. シュノーケリング体験直後に写真データがもらえた

シュノーケリングを行う前、写真データをもらう用に、LINEのアカウントを事務所で伝えました。

「写真データは、後日もらえるのかな〜」と思っていたら、シュノーケリングを終え、シャワーを浴びて着替え終わったタイミングくらいには、80枚ほどの写真がもうLINEに届いていました。行き届いた心遣いが、とても嬉しかったです。

→水中写真をプレゼント「宮古島 シュノーケル専門店 海umi」を見てみる

4. ガイドのお姉さんが初心者に対して手厚かった

ガイドのお姉さんが、テキパキと水中メガネや足ひれのつけ方を教えてくれました。海に浮かんでいる間も、適宜声をかけてくれたので、終始安心でした。(つらかったら、浮き輪につかまってもいいですよ〜など) ※以下口コミ

→一人7,000円、快適シュノーケリング「宮古島 シュノーケル専門店 海umi」を見てみる

5. 持ち物が水着だけで、楽だった

持ち物が水着だけで楽でした。水着はビキニでもスクール型でも、問題ないようでした。

長袖ラッシュガード、トレンカ、ライフジャケット、バスタオルの無料貸出があり、ラッシュガード、ライフジャケット、バスタオルを借りました。 シャワー(シャンプー・リンスあり)、更衣室、トイレもありました。

→一人7,000円、快適シュノーケリング「宮古島 シュノーケル専門店 海umi」を見てみる

6. 前日予約でもスムーズだった

2019年8月14日の夜に、8月15日の予約を行なったのですが、ネット予約→すぐに電話がきた・・・と、トントン拍子でスムーズでした。

結論・・・

良かった!!!!!!

  • 1. ウミガメ4匹と会えた(ウミガメ遭遇率100%)
  • 2. クマノミ「ニモ」やサンゴ礁もきれい!
  • 3. シュノーケリング体験直後に写真データをもらえた
  • 4. ガイドのお姉さんが初心者に対して手厚かった
  • 5. 持ち物が水着だけで、楽だった
  • 6. 前日予約でもスムーズだった

▼ウミガメ遭遇率100%

「宮古島 シュノーケル専門店 海umi」

アクティビティジャパン 予約
asoview! 予約

シュノーケリングってなに?

シュノーケリングは、水面に浮いて海の様子をうえから眺めて楽しむマリンスポーツ。慣れている人は潜ることもできますが、息を止めて潜るので長くは海中にいられません。←ここが、水中にしっかり潜るスキューバダイビングとの最大の違い

身に付けるものは、マスク(水中メガネ)・シュノーケル(空気を吸う筒)・フィン(足ひれ)の3点。宮古島の海は非常に暖かく、6月〜9月はライフジャケットが不要で、代わりにラッシュガードを着用しました。

沖縄 宮古島 宿泊はキッチン付きマンション

キッチン付きマンションかりゆしコンドミニアムリゾート宮古島に泊まりました。

道路を挟んだ目の前にファミリーマート、徒歩5分のところにスーパー、徒歩10分の場所に飲食店があり、便利でした。

新築でピカピカでした。

沖縄 宮古島 2泊3日のスケジュール

▼1日目

  1. 羽田空港12:00発~宮古空港12:50着(飛行機)
  2. キッチン付きマンション「かりゆしコンドミニアムリゾート宮古島」(タクシー)
  3. 近くのビーチ「パイナガマビーチ」(徒歩)
  4. 夕食は「焼肉なかお」で焼肉(徒歩)
  5. スーパー「サンエー」で朝ごはんの買い出し(徒歩)

▼2日目

  1. うえのドイツ文化村(タクシー)
  2. 宮古島 シュノーケル専門店 海umi(徒歩)←結構歩きました!車の方がいい
  3. シュノーケリング体験 14:00〜15:00
  4. キッチン付きマンション「かりゆしコンドミニアムリゾート宮古島」(スタッフの方に同じ方面の方がいて、特別に送ってもらいました)
  5. 夕食は「めーめー麺」でヤギ料理

名物のヤギ刺しは全然癖がなくて美味いです。ヤギ肉ののったヤギそばも食べました。

▼3日目

  1. ジェラート「リッコジェラート」(徒歩)
  2. 道の駅「島の駅みやこ」(徒歩)
  3. 宮古空港(タクシー)

15:00過ぎ発の飛行機で帰りました(略)

おすすめ宮古島ツアー予約

  • J-TRIP:とにかく安く宮古島へ★宮古島フリープランが充実
  • H.I.S.:豊富なラインナップ、安心安全のH.I.S.

おすすめ宮古島行き 格安航空券予約

とにかく安く宮古島へ★宮古島フリープランが充実