プラ子のプロフィール

こんにちは、プラ子です!(@purako_blog

IT企業に勤めながら、エッセイ漫画を描くひとです。このブログでは、エッセイ漫画&記事、お役立ち情報などをお届けしていきます。

プラ子のプロフィールをサクッと紹介

  • 1992年生まれ。都内在住
  • IT企業に勤務(半年だけ営業職→マーケティング職)
  • 漫画執筆:2015年4月〜/アプリでの連載・コミケ&コミティア出展など
  • 趣味:唯一やっている運動=ボルダリング
  • 悩み:2年間で10キロ体重が増えたこと、重力を感じる
  • 実は双子

本業は会社員、副業は「漫画」「イラスト」

本業は会社員

新卒で2016年4月にIT企業に入社し、最初の半年は営業職を経験しました。たかが半年、されど半年・・・。はっきりと分かったことは「人には向き不向きがある」ということ!

マーケティング職に異動になってからは、LP(ランディングページ)をはじめとしたコンテンツの制作や、イベント・キャンペーンの企画&実施などを、日々仕事として行なっています。

※コンテンツのディレクションが中心(企画→スケジュール作成→各部署の調整〜記事執筆or外注など)

副業は「漫画」「イラスト」

副業として「漫画」「イラスト」を描いています。
連絡先:purakopurako33@gmail.com

販売中

↓↓ウェルカムボード

エッセイ・レポート漫画&記事のご依頼なんかも受け付けています!

※金額:漫画1ページ(カラー6,000円〜、モノクロ3,000円〜)、記事は要相談。当日取材が必要な場合には、交通費ほか別途いただきます。

プラ子が漫画を描くまで

私はいま漫画を描いていますが、小さな頃から描き続けていたわけではありません。大学4年生の春から、唐突に描きはじめました。

大学時代の部活動&就職活動がきっかけ

大学では文学部国文科を専攻していました。部活は新聞部に所属しており、大学1年から3年まで学生新聞を作っていて、編集長もやっていました。引退後も「何か発信したいな」ということは考えていていました。

また、大学4年の就職活動で、私はプロモーションプランナーという職を目指していました。

プロモーションプランナーって?

生活者(クライアント課題を解決するためにアプローチすべきターゲット)に商品の存在、魅力を届けるためには、いつ、どこでどのようなコミュニケーションをとることが最適なアプローチになるかを考える仕事です。

(「あまり知られていないプロモーションプランナーのお仕事紹介【コミュニケーションポイント設計編】」より引用)

と同時に、「営業職はやりたくない」という非常に強い気持ちがありました。そういったことを、ある企業の人事の方に伝えたところ、以下の言葉をもらいました。

紙でなくウェブで集客できたなら加点するかもしれない。採用枠は、総合職全体採用という形で職種別採用ではないから、通常であれば営業配属だが、実績を作ることできたら採用およびプランナー職への配属を考えよう

「元々、情報発信したいという気持ちを持っていた」「人事から、ウェブ集客における実績があれば、希望部署への配属を考える」と言われたことが、「ブログ」をはじめたきっかけになります。(まだこの時点では漫画を描いていない)

↓↓人事から言われた日の夜にはじめたブログ「女子大生、プラ子の就活日記」。プラ子という名前は、「プランナー職を目指す女の子」から取りました。

さて、ブログをはじめてテキスト&写真で更新するも、1日20PVといった調子であまりアクセスが集まりません。継続的に見てもらうためにはどうしたらいいのか・・アクセスを集めるにはどうしたらいいのか・・と考えた結果、「毎日、実録の就活漫画をアップする」という結論に至りました。

→初投稿の漫画「集団面接後のこと」(「女子大生、プラ子の就活日記」)※本漫画は後日、このブログへお引越しする予定です

それから、可能な限り「毎日、就活漫画をアップする」を、200回続けました。漫画の威力は偉大です。アクセスはどんどん伸び、最高で月間PV11万になりました。例の人事から「ぜひ弊社へ」とのお声がけをいただきましたが、終始 上から目線であることが気になったため丁重にお断りしました・・。(私は、会社員も学生も立場は対等であると思っています)

一時、アメブロの就職活動カテゴリで1位にいました。いい思い出です。嬉しかった!

border=

母が倒れたことをきっかけに、就活漫画以外も描くように

就活中であり、毎日就活漫画のブログへのアップにも精を出していた、2015年8月7日。母親が急性くも膜下出血で倒れ、意識不明の重体になりました。そして5日後の8月12日、心肺停止し、そのまま亡くなりました。その間、一度も目を覚ますことはありませんでした。

母が倒れた日〜亡くなるまでの間に、一番行きたかった企業の面接がありましたが、母親のことを優先し、辞退しました。そして、すでに内定が出ていた企業への就職を決めました。

「就活の様子を、リアルタイムで漫画にしてお届けする」ブログでしたが、就職を決めた後も更新を続けました。その内容は、もう就活実録マンガではなく、「母親が倒れてから亡くなるまでの“看取り漫画”」でした。

ブログの更新を続けた理由として、以下がありました。

ブツっと切れてしまうのが嫌だった。私は文字とか絵とかに人の感情が何かしら込もるものだと思っていますし、記憶が新しいうちに「とにかく残さなきゃ」というのがありました。あと、母がよく人の死に際のことを書かれた本を楽しそうに読んでいて、「あの人 壮絶な人生なのよ」とか話していたこともあって、普通は親に起きたことを描かないと思うんですけれど、そういう記憶もあって描いていました。

ブログや漫画執筆をはじめた経緯などは、ガジェット通信・オタ女さんからのインタビューに詳しくあります。

↓↓

「就職活動は波乱万丈!? 就活四コマブロガー・プラ子さんインタビュー」(「ガジェット通信・オタ女さん」)

母親の看取り漫画は、のち2017年7月〜12月に漫画アプリVコミで「就活中に、母が倒れた」というタイトルで連載させてもらいました。(内容は同じ、モノクロ→フルカラー)

↓↓

「就活中に、母が倒れた」(「漫画アプリVコミ」)

漫画は今後も続けます・・!

母親の看取り漫画の次には、実録の双子漫画や、「社会人はじめました」という数ページの漫画を描くなどしました。現在は、思い立ったときに、描き散らしていくスタイルです。

漫画は正直いって、描くのが面倒くさいです。なぜかというと、小さな頃から絵を描くのが好きで好きで仕方がなかった、というわけではないから(目的=アクセスアップ)。人体のつくりとか正直よく分かりません。男女の描きわけも大変。。

でも、漫画を描いてアップしてみてわかったのは、「テキストのみだとスルーされてしまうようなものでも、漫画にすると、たくさんの人に見てもらえたり、反応をもらえたりする」ということです。継続しようというモチベーションにつながります。

わたしが持っている発信手段の中では、漫画が一番最強です。ですので、今後も続けていきます。(30歳までに商業誌から1冊出版という目標もあったり・・←名刺がわりに使用したい)

★コミケやコミティアなどの漫画イベントにもよく出ているので、ぜひ足を運んでいただけますと幸いです。最新情報@purako_blog

やってきたことをまとめると、こんな感じです

↓↓

おまけ1:趣味はボルダリング、悩みは体重10キロ増

趣味は、唯一やっている運動=ボルダリングです。2週間〜2ヵ月に一度くらいの頻度でやっています。以前まで、趣味=漫画執筆としていましたが、漫画執筆は趣味→特技に昇格しました。

ここ最近の悩みは、2年間で10キロ体重が増えたことです。

原因は、仕事を終えるのが遅いのにともなって、夕飯を食べるのが22時以降&寝る前ギリギリであることかなと思います。わたしは、ここだけは譲れないのですが、食べる時間が何時になろうと、夕飯を抜いたり減量したりはしないです。美味しい夕飯を食べるために・・働いているんだー・・!

ですが、体が重く動きづらい部分があったり、汗が以前より露骨に臭ったりするので、どうにかしていきたいと思っています。体重が増えると、ボルダリングにも悪影響です(壁をのぼるスポーツのため、軽い方が良い)

おまけ2:実は、双子です

わたしは3姉妹です。構成としては、2つ上の姉・私・双子の妹(帝王切開で生まれたこともあり1分だけ年下)。

双子の妹も、「今日もモリモリ食べるっちま」という妙な名前で漫画執筆を頑張っているので、ぜひ見てあげてください。

↓↓

今日もモリモリ食べるっちま公式サイト
Twitter

★ピックアップ
新卒で入った会社を突然辞めてドイツ留学?! ドイツ留学エッセイ漫画
マイナビウーマンにも掲載! 天使ちゃん漫画

身内の宣伝でした・・・。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

プラ子の最新情報は、Twitterでご確認ください↓↓

@purako_blog