エッセイ

【エッセイ】東京砂漠のオアシス、フーターズ渋谷店で元気をチャージ(記事)

どうも、プラ子です。「フーターズ渋谷店」に行ってきました。

楽しくて快適で(仕事をするより全然楽だった、ぼーっとしてていいし)、お姉さんたちから元気をもたくさんもらえました! フーターズは、女性客もOKなお店なんですよー。

このエッセイは「フーターズ」ってなに?という人や、行ったことないけど興味ある〜という人に、ぜひ読んでほしいです!

執筆者:プラ子。1992年生まれ。IT企業に勤めながら、エッセイ漫画を描くひと。

この記事の目次

  • フーターズって? わ〜お、素敵なお姉さんがいっぱい
  • 揚げ物天国ここにあり。チキンウィングで幸せ増し増し
  • フーターズは精神衛生的にいい。会話がなくても大丈夫

フーターズって? わ〜お、素敵なお姉さんがいっぱい

フーターズ(HOOTERS)は、米国フロリダ発祥の、アメリカンレストラン&スポーツバーです。

チアリーダーをイメージした女性スタッフのホスピタリティあふれる接客が人気で、世界展開しています。日本には、東京の赤坂銀座渋谷新宿名古屋に、計5店舗展開しています。

明るくにぎやかな店内で、チキンウィング(激ウマ甘辛チキンです、のちほど詳しく解説)をはじめとしたアメリカンフードとドリンクが提供されています。

※上記画像・内容は、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「HOOTERS」公式サイトより引用

直接的な言い方をすると・・

チアリーダーの格好をした、ナイスバディなお姉さんがたくさんいるお店で、飲み食いが楽しめるところです。男性向けのお店では?と思うかもしれませんが、女性客もふつうにOK(体感:店内の2割程度が女性客)。女性向けコースも用意されています。

1時間に1回くらい、お姉さんによる「フーターズダンス」が行われます。音楽と一緒に「ふ〜〜!」と踊るお姉さんをみながらビールを飲むと・・あら不思議、いつもの倍以上美味しく感じます。

お店の雰囲気は、下記動画からよくわかります↓

フーターズ“渋谷店”を選んだ理由

フーターズ“渋谷店”を選んだ理由について書いていきます。

そもそも、フーターズ自体を知ったきっかけって?

フーターズを知ったのは、フーターズが日本初上陸した2010年頃に「コラムニストの辛酸なめ子さんが週刊誌で紹介していた」のがきっかけです。

※余談:辛酸なめ子さんのコラムは、面白いですよ。漫画「諸行無常のワイドショー」の無料チラ見でもわかるように、ぬめぬめっとした読後感が特徴です。

本題に戻りまして、長い間、ずっとユルくフーターズに行きたいと思っていました。でも一人で行く勇気はありませんでした。お店の勝手がわからず、不安だったからです・・・。

フーターズ“渋谷店”を選んだ理由

「フーターズに行ってみたいんだ」ということを会社の人に言ったところ、たまたまその人がフーターズマスターでした(フーターズのリピーター)。「色々な店舗に行ったことがあるけど、渋谷店が一番いい」とのことだったので、渋谷店にしました。

ほか店舗のスタッフは年齢層がちょい高めでお姉さまって感じらしいです。渋谷店はお姉さんって感じみたいです。

フーターズマスターがいれば心強いということで、渋谷店参戦メンバーに入ってもらいました。あと、フーターズマスターの同期2人を誘いました。日どりは、給料日後の2019年6月14 日(金)に決め予約を進めました(給料日は毎月10日です)。

フーターズ渋谷店の予約状況をみる

揚げ物天国ここにあり。チキンウィングで幸せ増し増し

フーターズ渋谷店に入店すると、小柄ながら、メリハリのある素敵ボディのかわいらしいお姉さんが予約席まで案内してくれました。

席につくと、次はキレイ系のお姉さんがやってきて、「本日テーブルを担当しますYUKIKOです」とあいさつをしてくれました。どうやら、テーブルにある「ウェルカム紙ナプキン」はYUKIKOさんが書いてくれたようです。ホスピタリティにあふれているなぁ。

あいさつ以降、注文を聞いたり料理を持ってきてくれたりするのは、YUKIKOさんがやってくれました。

※本当にミスったのですが、YUKIKOさんの写真を撮り損ねました。念のため注意。写真を撮るときには必ずご本人の承諾を得ることが必要ですよ。

意外! フーターズは食べ物が美味い(実際の写真あり)

意外や意外、フーターズは食べ物が美味いんです。とくに揚げ物! チキンウィング(激ウマ甘辛チキン)! 味を思い出すだけで、よだれの洪水ですわ。

チキンウィングはこってりしているものの、ソースをつけることで味が変えられるので、無限に食べられます(ソースは2種類から選択:ブルーチーズソースorランチソース)。わたしはコロナビールと一緒に食べました。

食べるときに手が汚れるものの、各テーブルにキッチンペーパーがロールごと置いてあるので、いくらでもふけます。あと、骨つき肉は、手の汚れなんて気にならなくなるくらい、美味しいです(とくに手羽元が異常なくらい美味かった)。

「えっでも、手がベトベトになるの嫌なんだけど・・」という人は、骨なしもあるので安心してください↓

ピクルスのフライもフーターズ名物です↓

酸味がマイルドで美味しいし、もの珍しさがあるけど、やっぱりチキンウィングの“肉の旨味”には勝てない・・・!(あくまで個人の感想です。ピクルスのフライには熱狂的ファンが多数います。お手柔らかにどうぞ)

フーターズ渋谷店のメニューをみる

フーターズは精神衛生的にいい。会話がなくても大丈夫

フーターズは楽しい&美味しいだけでなく・・快適でした! 本来なら、ガールズバーやキャバクラとの比較がわかりやすいんでしょうけど行ったことないので、経験のあるホストクラブと比較します。

【参考】歌舞伎町ホストへGO│まさかの「お尻が大打撃」(漫画)

フーターズのここがいい! ポイント3つ

「フーターズのここがいい!」というポイントを自分なりにまとめました。ホストクラブと比較しています。

(1)女性スタッフのお姉さんと積極的に会話をしなくていい
フーターズではキレイなお姉さんをボーッと眺めているだけでいいので、超楽です。ホストクラブでは、ホストに気をつかいすぎて痔になってしまいました。蕁麻疹も出ちゃった。

(2)延長しない?同伴しない?と聞かれない
ホストが「延長しない?」と聞くのは、営業の一貫なので当然っちゃ当然なのですが、断るのにも体力を使います。フーターズでは「延長しない?同伴しない?」とそもそも聞かれないので助かりました。

(3) 店内が明るい
暗いお店が苦手なんですよ。不安になるし、眠くなるし、いいことがありません。フーターズは、明るい店内&明朗会計&素敵なお姉さん&美味しいお料理で、ただただいいとこどりでした。いい場所だ〜。

今回フーターズ初来店でしたが、リピートは超ありです。「2〜3ヵ月に一度くらい、誰かの誕生日祝いとかで行きたいな〜」と思いました。

フーターズは多分、精神衛生的にいいので、この殺伐とした世を生き抜くために、定期的に行って元気をチャージするのは賢い生き方かもしれません。

フーターズ渋谷店の予約をする