エッセイ

【エッセイ】はじめての海釣りは超ハードモード│船員は神様!?(記事)

どうも、プラ子です。普段から「やったことがないことに挑戦すること」を、大事にしています。「やってみないと分からない」「意外に楽しいかもしれない」と思っているからです。

ここでは海釣りに行ったエピソードを紹介します。ハードだった〜!

執筆者:プラ子。1992年生まれ。IT企業に勤めながら、エッセイ漫画を描くひと。

【エッセイ】はじめての海釣りに挑戦

2018年4月7日の内容なので、いまの年齢は表記より異なります(25歳→27歳)。人間、歳を取るんでね、申し訳ない。

2018年5月開催の文フリで頒布した合同誌『ビッグシシュー』に掲載されています。

おまけ写真

船の様子です。

プラ子が釣りあげたカサゴ。

まとめ

  • 天気が荒れている日の海釣りはハード
  • 「まき餌」が生臭い、「生き餌」が噛みついてきてヤバい
  • 船上において船員は神様
  • 釣れた瞬間「苦しみ<喜び」
  • また釣りに行くなら海釣りではなく、堤防釣り

釣り後の宴会で食べた(自分以外の人が釣った)アジはとっても美味しかったです。

(完)